100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

熊本校ブログ

日本ベンチャー大學熊本校の講義の様子をお伝えします。

平成26年 1/6(火)・1/7(水)
吉田松陰先生の故郷・萩「第6回 松下村塾合宿」1日目

UPDATE:2015/01/09 12:01

平成25年(2013)【6月15日(土)】
 ランチェスターを用いた営業戦略会議、実行アセスメント振り返り会議参加

UPDATE:2013/06/18 19:27
--------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼
2、環境整備(清掃)
3、「ランチェスターを用いた営業戦略」会議参加
4、「上期実行アセスメント振り返り」会議参加
--------------------------------
●気づき
朝礼
社員さん全員による、朝からとびっきり大きくて元気で、気持ちの良い
掛け声が、部屋全体に響いていた。全身から元気とやる気、さわやかさが
湧いてくる、素晴らしい朝礼だった。
こんな朝礼は今までの人生で全く無かったので、本当にびっくりした。
正直いって、朝礼で感動したのは、これが生まれて初めてだった。

そして、自分も負けじと声を張り上げるうちに、いつの間にか
元気とエネルギーが湧いてきて、スイッチがオンになるのを感じた。

環境整備
社員さん全員で分担し、会社の掃除を行った。
掃除用具など、必要な物が必要な量だけ、かつ誰もが分かる位置に
置いてあるのが印象的だった。
どこに何があるのかがすぐに分かる様に、普段から面倒くさがらずに
整理整頓しておくと、人生、うまくいきそうな気がする。

掃除は、やはり理屈抜きで心がすっきりする。そして、会社(社員)全体に、
強い一体感が生まれるのを感じた。
また、掃除の最中、先輩の社員さんとお話しできたのも楽しかった。

ランチェスターについての講演
実行アセスメントの導入として、ダスキンの西野先生による、
「ランチェスター戦略を用いた営業戦略」の講義を受けた。

攻める場所を絞り込み、そこに資源を集中的に投入して成果を上げるのが、
ランチェスター戦略の本質である。ランチェスターは、書籍でさわり程度には
知っていたが、実際にそれを応用されている方のお話を聞くと、目から鱗の連続で、
やはり説得力が違った。特に印象に残ったのは、

・成果を出しやすくする環境を整える事が大切
・「形」から入って「心」に至る。形が出来れば、自然と心もついてくる。
・「最重点エリア」を決めて、そこに資源を集中的に投入して、成果をあげる。

そこさえ攻略してしまえば、後は自然と他のエリアでも成果がついてくる。

・「いつ、どこで、誰が、何をした」かを、きちんと名前や数字を付けて記録する。
・まずは計画ありき。計画を立ててから、それに基づいて実行する。
・目標(計画)は具体的に、かつ小さく決める。

いきなり、実現が難しい大きな目標を立てるのではなく、
「これをこれだけやれば、目標達成できそうだ!」
という気持ちになれる様なものを立てる事が大切。

ちょっと頑張れば達成できそうで、かつ目に見えて分かる物を作るべし。
そして、必ず具体的な数字を盛り込むべし。

・世の中には「これが正しい」という事は無い。正解は無い。
 答えは常に変化し続けるから、柔軟な姿勢が大切。

上期実行アセスメントの振り返りと改善
上期実行アセスメントを振り返る会議に混ぜて頂いた。
ランチェスター理論を応用し、どうすれば取り付け工事のリピート率を
増やせるかを考えた。考えるべき課題を絞り込むことで、

「お客様との話題のツールが無かった」
「口コミを頂くのには何が必要か」
「電気工事という一つの事しかやってないイメージが、お客様の間であったから、
「それだけではないんだよ」と、自分たちの事を知ってもらいたい」
など、より業績の改善につながるキーポイントをあぶりだし、
議論することが出来た。

また、会の進行そのものについても、全てのグループ、社員さんが
ハキハキと大きな声をだし、スピーディーに動いていたのが、とても印象的だった。

一般的に、会議や報告会等うしてもだらけてしまいがちだが、発表者全員が
大声を出す事によってメリハリをつけ、マンネリ化を防ぎ、聞いている人
全員を注目させる。この進め方が確立されている事が、本当に凄いと思った。

また、「○○は出来ました。達成率x%です。もっとこのように伸ばしていきます」
逆に「○○は出来ませんでした。達成率y%です。
原因はこうだったので、このように対策します」

という様に、出来た事と出来なかった事の両方とも堂々と発表し、成長や改善
につなげる、建設的な会議をしていた点も凄いと思った。

●実行する事
・人と出会ったら、いつも大きな声で気持ちの良い挨拶をする。

・手帳だけでなく、ロードマップを作り、いつまでに何をどれぐらい
終わらせるかを盛り込んで、実行できる計画を作る。
そして、それをきちんと実行する習慣をつける。

・自分の部屋をこまめに掃除、整理整頓し、気持ちの良い環境を
保つように心がける。

・あれもこれもと手を付けるのではなく、一番大事な物を見定めてから、
 そこにエネルギーを集中させて攻略していく習慣をつける。


●全体の感想
・朝礼で、会社(集団)は大きく変わるものだと確信した。

・挨拶、整理整頓、きびきび動く、お礼の声かけなど、人として本当に
基本的すぎる事こそ、しっかりやるべきだし、効果が大きいと実感した。
人としての基本がきちんと出来ているチームは、必ず結果を出せると思う。

・「何にでも手を出すのではなく、まずはやるべき事をしぼる。
達成できる目標を具体的に立てて、確実に成果を出し、自信を付ける」

このランチェスター戦略は、仕事のみならず、学業や人付きあい等、
色んな方面に応用できる理論だと思った。
ランチェスターの本を読んで、色んな応用方法を研究してみよう。
また、自分自身でもアレンジを加えていきたい。

From:片橋 匠(静岡県出身、熊本大学3年)JVU熊本校2期生
-------------------------------------------------

平成25年(2013)【5月18日(土)】
 現地歴史学 熊本城・熊本城周辺散策

UPDATE:2013/05/22 12:32
--------------------------------
●1日の流れ
1、新聞アウトプット
2、清掃ボランティア
3、県立美術館「北斎展」
4、熊本城歴史散策
--------------------------------

●気づき
新聞アウトプット
「商店街のこれからの活用法」
「世界中の若者の失業率が増加している」
「新入社員が入社3年で辞めてしまう事」
についてディスカッションした。

 商店街…若者がベンチャーに挑戦できるための
場所となる事で、今後の生き残りのカギになる。

 世界中の若者の失業率…
日本に限らず、世界中の若者が就職難。
ただ、日本の若者が無職でいる期間が、
他国の若者のそれよりも長い事が気になった。

 新入社員が3年で辞めてしまう事…
学生と企業のミスマッチが原因。お互い不幸になる。
学生は企業研究を念入りにすべし。
また、将来やりたい事を本気で考えて、覚悟を決めて
仕事を選ばないと、入社してから頑張れない。

「皆で新聞を読んで、議論する」という経験は初めてだった。
一人では考え付かないような視点を得られて、刺激的だった。

清掃ボランティア
 県内の電機業界の方々と一緒に、市役所前から
水道町付近にかけて、ゴミ拾いを行った。
目立たない所に煙草の吸殻が捨ててあったりして、
不愉快な気分になった。意識すると、思いのほか、
ゴミがたくさん見つかった。
でも、清掃後は清々しい気分になれた。

県立美術館「北斎展」見学
 日本を代表する浮世絵の巨匠・葛飾北斎の作品群を鑑賞。
A4サイズほどの小さな作品に描かれた、背景、物体、
人物などのち密さ、考え抜かれた構図などに感動した。

 富嶽三十六景、東海道五十三次など、江戸時代の空気が、
まるで目の前にある様に、リアルに、生き生きと
よみがえってくるような感覚を覚えた。

 日常から離れて、芸術などの非日常に触れると、
心に新しい風が入ってきて、とてもいい栄養となった。

熊本城歴史散策
 熊本城内の常設展示とは別に、西南戦争の特別展も見学。
武士の誇りを胸に新政府との闘いに散った侍たちに
思いを馳せた。田原坂が、闘いの勝敗を分けた理由も分かった。
また、赤十字のきっかけが、熊本発だった事には驚いた。

 また、熊本には、思った以上に多くの偉人、知識人がいて、
政治、軍事、経済、医療など、様々な分野に多大な影響力を
及ぼしたことを、改めて実感した。

●実行する事
・新聞を読み、まずは一日一個でも、気になった記事を
 深読みする習慣をつける。
・自分の家や部屋の掃除を頑張る。
・熊本の近代(特に幕末)の歴史を、肌で感じて学ぶ。
・大河ドラマ「八重の桜」を観る。

●全体の気づき
・何事においても、物事の本質を理解するためには、
 インプットだけでなく、アウトプットは物凄く大切。
・幕末、近代の歴史を学ぶのに、熊本は格好の知だと思った。
 時間のある夏休みには、体系だてて、もっと深く学んでみたい。

 また、歴史、文化、伝統などと肩肘を張らなくても、
 気軽なノリで見学してみる事で、いい気分転換にもなる。

From:片橋 匠(静岡県出身、熊本大学3年)JVU熊本校2期生

平成25年(2013)【4月27日(土)】
 実行計画書アセスメント

UPDATE:2013/04/28 01:00
--------------------------------
●1日の流れ
1、実行計画書アセスメントの作成
--------------------------------

●気づき

・自分がこれからやることについて、6時間もかけて
 計画を練ったのは、生まれて初めてだった。
 脳みそフル回転で大変だったが、普段の生活では使わない
 思考回路をフル活用できたので、とても刺激的だった。

・自分で計画を立てると、どうしても主観的な評価になりがち。
(「今日はあれだけ頑張ったから100点」みたいな感じで)
「きちんと客観的に点数で評価できる」計画でないと、意味が無い。
「計画には、きちんとした評価体系を盛り込むべし」
 という教えに、はっとさせられた。

●実行する事

・計画の実行。
 原本のコピーを常に持ち歩き、長期的な計画、やるべき事を
 しっかり認識した上で、日々のやるべき事に落とし込む。
 計画に柔軟性を持たせつつも、目標は絶対に達成させる。
 計画倒れにさせない。


●全体の感想

・ブレストを進めながら、付箋を貼っていくうちに、
 「自分自身がやりたいこと」「やるべきこと」
  が浮き彫りとなり、計画づくりが面白くなってきた。
 「夢を電解精錬していく」プロセスを味わえた。

・「実行でき、かつ効果的な計画の立て方」
 を学べたのが、とても有意義だった。
 せっかく「最強の計画」を作れたのだから、きちんと実行し、
 「やるべき事、やりたい事」をこなすサイクルを回し続け、
 成果を上げていきたい。

From:片橋 匠(静岡県出身、熊本大学3年)JVU熊本校2期生
-----------------------------------------------

【平成25年4月6(土)】
  『熊本わくわくサミット』

UPDATE:2013/04/08 16:49
●気づき

・ブレストでやりたい事を何でも書き出す
 → ホワイトボードに書きながらしゃべることで、
   1人で考えている時には出てこなかったアイデアが、
  色々と浮かんできて不思議だった。

・どうやって仲間を集めるか
 → 呼びかけ(広報、宣伝)の仕方、相手の気持ち、
   現在の課題、解決策など、色々な角度から考える必要がある。
   ただ面白そうなポスターやチラシを作って配るだけでは意味が無い。

・3つの「ジリュウ」
 → 「時流」 「自流」 「次流」
   まずは、今の時代の流れを知り(時流)
それを踏まえ、自分がどう行動するかを考え(自流)
そして、次の時代の流れを予想する(次流)

 この3つの「ジリュウ」をヒントに、物事を考えていく。

●実行する事
  ・これからも常にアンテナを張って、やりたい事のネタを探し続ける。
  ・自分が今、何をやるべきか、実際に何をやっているのか、
   そしてこれからどうしたいのかを、常に把握する。

●全体の感想
  ・ブレストは、無理なく自然とアイデアが湧いてくるので、
   これからもぜひ活用したい。
  ・情熱も大切だけど、それを押し通すだけでは上手くいかない。
   まずは、冷静に、客観的に現状を見つめるべし。
   物事を成し遂げるには、「情熱と冷静さ」の両方が大切だと学んだ。

From:片橋匠(静岡県出身、熊本大学3年)JVU熊本校2期生

【平成25年4月3日(水)】
『2期生入学式』
山近義幸理事長代行、藤本将行校長

UPDATE:2013/04/05 02:04
●気づき

・本業でお忙しいはずの企業様が、わざわざお金や手間暇をかけて、
若者たちに飛躍のチャンスとなる学び舎を与えて下さる、
この恵まれた環境に、何よりもまずは心から感謝したい。

・決意表明で「これだけはどうしても伝えたい!」
という事を、事前にはっきりと考えてはいなかったので、
もう少しちゃんと練っておけば、もっと伝わったと思う。

・中條学長の「学びを求める強さとその成果は正比例する」
とのお言葉が凄く印象的だった。
大学と言う場所は、小・中・高の受け身の勉強とは全く違い、
自分からどんどん動いていかないと、本当に何一つ得られないと、
反省を含め、これまでの経験から痛感した。

 今までの自分は、どちらかというと行き当たりばったりであった。
好奇心旺盛なのはいいが、人や物事に興味を持っても
すぐに飽きてしまっていた。
 今年は、一つ一つの出会いを一層大切にして、
かつ表面をなぞるだけで終わらずに、しっかりと「深めて」いきたい。

 また、車も新幹線も無い時代、全国を自分の足で
歩き回って見聞を広めたり、黒船に飛び込もうとした、
吉田松陰の「ハングリー精神」を、自分も見習いたい。


・山近理事長代行のお話が、衝撃的だった。
〆の男子は「草食男子」「女の子よりも弱い」
「アバター男子(みんな青ざめてて、同じ顔)」
であり、軟弱になってしまった。

 そして、ベン大が目指すのは「雑食男子」である事。
雑食男子に変身できれば、就職なんて楽勝であり、
周りを巻き込んで面白いプロジェクトをやったり、
人ときちんとしたお付き合いが出来る、
「モテる」を超えた、魅力的な人になれると思う。

◆峇悄β魁ν隋廚里話。
 この3つの力が、自分も含め、今の若者に欠けている
(大人が教えなかった)大切な物だと実感した。

関わる… 相手との距離感を読み、自分の立ち位置を知る力
続ける… ひとつの物事を、まずは1年間続けてみる力
裸になる… 自分を人前にさらけだす力

 自分の場合、特に「関・続」が苦手なので、
この一年でレベルアップしたい。

今の若者は、「歴史・国語・文化」を
全く教えられてこなかったというのも衝撃的だった。

 自分は、学校での歴史の勉強は中学レベルで終わってしまった。
そして、国語力はともかく、自国の文化を語れるだけの知識や教養も、何もないと痛感した。
 将来、海外に行った時、このままでは確実に恥をかくと思った。

 大学での本業とはまた別に、日本人としての根っことなる
大切な物を、ベン大で学びたい。

・藤本社長のお話は、自分の都合で、残念ながら
入学式の場では直接お聞きすることができなかったが、
事前の面談での
「一緒に面白い事を見つけていこう!」
という激励が、心に残った。

 「面白き ことも無き世を 面白く」の気持ちを忘れずに、
色んな物事にチャレンジしていきたい。

●実行する事

・まずは、本業である大学の勉強に、大学受験期の
2倍の努力を注ぎ込む。

・ただ夢や志を語るだけで終わらずに、
きちんと地に足がついた勉強をする。

・有言実行。

・家にある、大量の積読の本を、一冊ずつ制覇する。
(2日に1冊のペースを目標に読む)

・家族、友人、先生、社会人などとの出会いを、
今まで以上に大切にする。一期一会。

・吉田松陰、高杉晋作などの歴史を学び、
「あの時代、彼らが何を求め、どういう行動をしたのか」
を知り、彼らの「志」を受け継ぐ。

●全体の感想

 入学式で入学したのは自分一人だったが、まずは自分自身が
きっかけとなり、より多くの人を巻き込んでいきたいと思う。

 そして、平成の松下村塾というべき、この
「日本ベンチャー大學」という学びの場があることと、
それを支えて下さる全ての人々への感謝の心を決して忘れずに、
何より楽しみながら活動していきたい。

 一年後、卒業する時は、入学式の時の自分に誇れるような
「すごい奴」になりたい。いや、なってみせます

From:片橋匠(静岡県出身、熊本大学3年)JVU熊本校2期生

【平成25年3月19日(火)・20日(水)】
『知覧・卒業合宿&合同卒業式』』

UPDATE:2013/03/23 11:17
【2日間の流れ】
1日目
・知覧特攻平和会見学
・勉強会(特攻にいたるまでの歴史)
・中條高徳学長による講義
・夕食
・懇親会

2日目
・早朝散策(三角兵舎跡→ 戦闘指揮所跡→ 特攻平和観音堂→復 元三角兵舎 )
・朝食
・女将さんによる講話
・DVD「俺は君のためにこそ死ににいく」鑑賞
・ホタル館見学
・分校卒業証書授与式
・バスの中でアウトプット
○気づき
・伍井中佐の「人生の総決算 何も謂ふこと無し」という言葉
→特攻隊員さんの方々の遺書は覚悟が
 ひしひしと伝わるものばかりだった。
 中でも、以前お会いした、伍井さんのお孫さんから、
 なぜ祖父は死ななければならなかったのか?とおっしゃっていた。
 生きたくとも生きれなかった先輩方に恥じないよう生きていこう。

・感性に言葉はいらない
→今回の知覧での意気込みの中で多くの人が「感じる」ことを大切にしたいとあった。
 私も今回、感じることを大切にしたいと思い参加した。
 その中で中條先生がドクターストップがかかっているにも関わらず、
 講演を依頼された方のために、無理を承知で講演されたという。
 その時に会った瞬間、その方が涙を流されたという。
 その涙をみて、中條先生は来てよかったと思われた。
 このように感性というのは言葉がなくても伝わるものだと学んだ。

・自分の命を捧げてまで人のため、国のために命をかけた
→女将さんは終始、
 「ここは死にかたを学ぶのではない、生きる力を学ぶのだ」とおっしゃっていた。
 一瞬一瞬を生き抜くように、何事も一所懸命生きようと改めて感じた。

・夢を失った民族は滅びる
・心の価値を見失った民族は滅びる
・自国の歴史を学ばなかった民族は滅びる
→この3つを肝に銘じてしっかり勉強していこうと思った。
 いかに、歴史が大切か、誇りやアイデンティティをなくすことがいかに恐ろしいか、わかった。

・教育は大切
→最も大切なこと。
 躾をし、日本人として大切な心を育むことが大切。

・相手を思う心
→今、相手のために、手を差し伸べるのか、
 見守るときか、耐えるべきときか、見極めなければならない。
 それが本当の思いやり。

・自分の認める良さが人様からも同じか
→自分の良さを知ること、自分の掲げる良さで、
 家族、友人、学校、地域、国、地球に何を差し上げられるか、今一度考えよう。

・徳を積み重ねることの大切さ
→このことが、人様の役に立ち、志にも通じる。

「自分の命だぞ 粗末にするな 他人も同じ」
→命を頂いているという感覚を大切に生きる。

○実行すること
・家族に感謝の気持ちを込めてハガキを出す。

○全体の感想
今回の知覧はベンチャー大學生と一緒に学べ、
中條学長までいらっしゃって頂き、とても特別な2日間でした。
ようやく社会人になる私に今回来て、
一番響いたことは人様の役に立てるよう、一所懸命働くことです。
毎日、鏡をみて、輝いた目をしてるか自分に問いかけ、誠を捧げていきます。
「ありがとう」の言葉からたくさん学び、これからも感性を日々磨いていきます!!
ベンチャー大學生としての誇りを胸にこれからもがんばります!!

From:J∨∪熊本校1期生 内山瑛美(熊本県立大学在学)
●気づき
・ 覚悟
覚悟や心意気なんかは、一日二日で身に付くものではない。
一 日一日、一瞬一瞬を本気で生きることで
積み重なり、自分のものになる。

・ 伝える
伝 えるということは、
わからない人にわかりやすく伝えること。

・ おれについてこい
人の上に立つ人間がブレると、下はついていかない。
トッ プの責任力、影響力の強さ。

・ 大切な人のために自分の命を犠牲にする
自 分の命を何のために使うのかを常に考える。
自分の使命を考える。
ま ずは、目の前にいる人に
自分が何をしてあげられるのかを考える。

・ 後に続く人たちの為
私 は、後に続く人たちの為に何ができるのか。
何を残すことができるのか。
ま ずは先人から歴史を学ぶ。

・ 先を読む力
次 に何が起こるのか、何をしておかなければならないのかを考えて行動する。
常に準備する。備える。
そ のために、タイムスケジュールがある。

・ 伝えていくこと
人 様に迷惑をかけるな
人様の役に立つ人間になれ
ウ ソをつくな
弱 き者を助けよ

・ まなざし
一生懸命やれば、目は輝く。
自 分に、相手にどんなまなざしを差し出すか。

● 実行すること
御 先祖様のお墓参り・御墓掃除をする。
● 全体の感想
今回で知覧に来たのは2回目で、一回目よりも変わったのは、
特攻隊員(先人)との距離が少し縮まったと感じました。
私は、2月に卒業旅行で新潟県の長岡に行き、
ホタルになって帰って来た
宮川少尉の母校にある記念碑に手を合わせに行きました。
そして、今回知覧で宮川少尉に再度お会いし、
今までほとんど実感のなかった戦争、知覧、特攻というものが少しだけ、
実態を掴めるようになりました。
自分の足で現地に行って感じること、このことに何の偽りもありません。
現実現場現物(人物)にすべてがあります。
知覧研修に参加させて頂き、誠にありがとうございます。
これからも『常に球拾い、常に泥まみれ』で一歩一歩愚直に進んでいきます。
From:J∨∪ 熊本校1期生 坂田匡平(立命館アジア太平洋大学在学)

【平成25年3月19日(火)】
『熊本校第1期生 卒業式』

UPDATE:2013/03/23 13:11

【平成25年3月9日(土)】
『リアル営業・経営学』
藤本将行校長(協電機工 社長)

UPDATE:2013/03/10 11:07
【1日の流れ】
ラジオ体操
朝礼
環境整備
新聞アウトプット
松下村塾DVD観賞
藤本校長による「営業、経営学」
終礼

○気づき
・視野を広げる
→本日の朝礼で読んだ「職場の教養」にて他部署の質問でも
 お客様からしてみればひとつの組織である。
 そのときの自分の対応しだいで、お客様にとってその会社の評価につながる。
 お客様には誠心誠意の対応を心がけようと感じた。

藤本校長の「営業、経営学」
・自分たちが主役じゃなくても世界一を目指す
→協電機工さんはミスユニバース熊本大会のスポンサーをされている。
 そこでは、自分たちが主役ではなくても、
 お手伝いや裏方というポジションで世界と戦うことができる。
 常に自分の目指すもののために色んな見方があるということがわかった。

・活きた経営
→東京校の講義では活きた経営学を伝えていらっしゃるという。
 日々のクレームや社員さんの実際の話を伝え、
 活きた話、現実現場の話をされている。
 完璧の姿をみせるだけでなく、改善の途中経過や失敗談、
 課題も話してくださるので自分の社会人の姿も想像できた。

・チャレンジ精神を常に持つ
→可能性を広げるため、ないものねだりをしないため、
 別のマーケットにも意識することで成長し続けられる。

・攻めの20代
→何が正しいのかわからない。若いうちは大いに失敗してよい。
 勉強であれ、恋愛であれ、常に攻めの姿勢を持つ。

・モチベーションは社員の成長
→企業は人でできている。人の集まりの中で
 いかにコミュニティを確立できるか。
 社員や周りの成長は自分のモチベーションにもつながる。

・家族の健康や笑顔が何よりも大切
→不健康になったときに気づくのは遅い。
 今あること、笑顔で過ごせることに感謝し、
 健康に生きるため努力する。

・これからの人生は自分で決める
→社会人は自分の意思決定で決められる。
 これからは責任感を持ちつつ、自分の意思で進んでいく。
 自由や意思決定は、選ばれた人の特権であることを忘れない。

・可能な限り、自分のコミュニティに投資する
→宴会で心がひらくことを知っておきながら
 実践している人が少ない。
 自分のコミュニティで、よいコミュニケーションが築けるように心がける。

・年齢は魅力
→清潔感やフレンドリーさを持って、魅力ある人になろう。

・はがき1枚でつながるご縁
→小山社長は一年間に3000枚はがきを送られるという。
 はがきなど形に見える感謝をこれからも実行していこう。

○実行すること
旅行先で御世話になった友人にはがきを出す。
自分の将来の宣言を練習する。


○全体の感想
本日は色んな話を藤本校長から聴くことができました。
ベンチャー大學に対する熱い思いや、
家族や社員さんを思う気持ち、
東京や熊本の違いと面白かったです。
いくつになってもチャレンジ精神を忘れず、
魅力ある人になれるよう精進します。
私も「ご縁ある人々をいかにして幸せにするか」を考え、行動していきます。

From:J∨∪熊本校1期生 内山瑛美(熊本県立大学在学)

●気づき
・自分の頭で考え、行動する。
与えられる環境になれて満足せず、学ぶことが目的では なく、
学んだことを自分の生活に落とし込んで、実行する。

・人とぶつかり合う気概を持つ
衝突を恐れない。
人間関係をなあなあにしない。

・人に出会う
その人の苦労話を聞く。
聞いてマイナスになることはない。

・気づいたこと・学んだことは実行する
知行合一
人から言われたことはまずやってみる。
すぐには成果がでないことでも、後に返ってくる。

・攻めの20代
勉強も恋愛もなんでもかんでも、攻める。
攻めてこそ、新たな道は開かれる。
若いときの蓄積が後に生きてくる。

・世の中に出ることは、自分で計画を立てること
自らの意思をもち、自らの言葉を持つこと。

●実行すること
・高校の同窓会出席者に感謝のはがきを書く。
●全体の感想
熊本校最後の講義を藤本校長からしていただき、感謝しております。
今までの一年間があったからこそ、今笑って話せることがあり、
自分たちの歴史を振り返ることができることが将来の財産になります。
経営者、人財採用といった社会人の人と話しができる環境にいることを
当たり前だと思わず、この頂いた御縁に感謝を形に表していきます。

From:J∨∪熊本校1期生 坂田匡平(立命館アジア太平洋大学在学)

□気づき
・新聞アウトプットでクレジットカードについてアウトプット
→クレジットカードは必要性があまりもてなかったが、
 他の人の話を聞いてみて、人によっては便利なツールであることがわかった。

・松下村塾DVD鑑賞
→大和魂についてのお話で、得た知識を
 日本人としてどう活かすかというものがあり、
 これは個人でも活かせるのではないかと思った。

・藤本校長のお話で、人のお話を何回、何十回ときいても、
 勉強になったな、と思うだけで全てを活かすことは無理というものがあった。
→お話の中から自分に活かすものを絞って、
 しっかり活かすようにしなければ意味がない。

・自分のコミュニティに時間とお金を投資することが大切。
→色々な経験をしなければ、と思って、
 身近な人にお金や時間をかけることを疎かにしていたなと思う。
 もっと深いかかわりを持たなければなと思う。

□感想
藤本校長の講義を受けさせていただき、
身の回りの一番お世話になっている人々を
疎かにしてしまっていた自分に気づけました。
今からでも、身の回りのお世話になった方、
お世話になっている方にしっかり時間とお金を使い、恩返しをしていきます。

本日は熊本校としての最終講義でした。
まだまだ足りないところだらけですが、
それでも成長できたなと思える部分は確かにあります。

From:J∨∪熊本校1期生 牛島知之(熊本県立大学在学)

■気づき
・松陰先生の人間的魅力
→人間的な魅力がないと人がついて来ない。

・大和魂
→国のために命をいつ でも投げ出すイメージがあったが、
 別の観点で和魂漢才で知識を
 どのように活かしていくかという意味もある。

・同じことをやっても 時期によって感じ方が違う
今週は学会で中学の修学旅行以来の2度目の沖縄だった が、
ベン大で歴史を学んだ後に訪れると感じ方がかなり違った。
これからも感性を磨いていきたい。

・意思決定と責任感を持つ
 →学生と社会人の違い

・自分の周りにお金を使う
→趣味を充実させたり、飲み会にお金を使う、感謝を形に表す
 コミュニケーションの大切さ

■感想
本日は熊本校としては 最後の講義で、藤本校長にご講義頂きました。
藤本社長の生き方や大事にしておられる考え方を知ることが出来ました。
藤本校長がベン大を作ってくださらなかったら
今の私はなかったと確信しています。
ベン大に1年間通うことができ、自分なりに成長する ことができました。
これからもご縁や感謝を忘れ ず、立派な社会人になれるよう精進して参ります。

From:J∨∪熊本校1期生 森田耕司(北九州市立大学大学院在学)

【平成25年3月2日(土)】
『阿蘇・草千里散策』

UPDATE:2013/03/03 15:14
□1日の流れ
・全体朝礼(協電機工との合同)
・環境整備
・ベンチャー大の朝礼
・「阿蘇・草千里」散策・ハイ キング
・実行計画書のチェック
・終礼

□気づき
・現地に行く
約15年ぶりに草千里に行っ て、景色の雄大さに感激・感動した。
これは、現地に行かないと感じれない。

・楽しい雰囲気
外から見ても楽しい雰囲気で行 う。
来てくれた聴講生を次につなげる雰囲気作り。

・自分の生活に落とし込む
新聞アウトプットでも毎回の講義でも、
感じたこと・気づいたことを自分の生活に落とし込む。

・事前学習の重要性
事前学習をやってくることで初めて、熊本に来た人にも、
熊本を紹介できるし、ファンになってもらえる。
その人がまた新しいファンをつ くる。
口コミが一番の効果がある。

□実行すること
・今日の高校の同窓会で全員と 杯を交わす。

□全体の感想
今日は、約15年ぶりの阿蘇・草千里で、
景色の雄大さにとても感激感動しました。
現地に行くことでしか感じれないことがあり、
自分で体験したことでしか人に伝えることができません。
「現実現場現物」で自分の足で稼いで、
自分の目で見て、耳で聞いて自分の生活に
落とし込む・実践することを続けていきます。

From:J∨∪熊本校1期生 坂田匡平(立命館アジア太平洋大学在学)
■気付き
・新聞アウトプットでセブンイレブンジャパンが
 ディスカウント店を増やす記事についてディスカッション
→パートの比率を上げることで人件費を低くしたようだ。
 物価を上げようという時代に逆行しているのでは、などと
 意見が出てなるほどなと思った。
 その考えはなかったから驚いた。

・草千里の道すがら廃墟となったホテルがあった。
→以前ホラー映画の撮影にも使われていたらしい。
 まるで知らなかったが、
 何か出そうな雰囲気はひしひしとしていて怖かった。

・草千里は初めて行ったが雄大で、美しいところだった。
→遠くの山々を見渡し、火口からもくもくと昇る煙など、
 正に私の思う”阿蘇”のイメージだった。
 今回行かなかったら行く機会もなかったかもしれないと思うと、
 タイミングが合って本当に良かったと思う。

・阿蘇について知らないことが多く、坂田くんに教わったこともあった。
→いつ噴火したのかなど、事前学習をしていなかったため分からなかった。
 阿蘇についてもっと知っていたらさらに楽しめ、
 学べることも多かったのかなと思うと残念。

■感想
今日初めて草千里に行きました。名前は聞いたことがあったのですが、
あまり興味を持っていませんでした。 実際に行ってみて、
こんなに美しいところが近くにありながら興味すら持たなかったとは、
ずいぶんもったいないことをしていました。
時間があるときに、もっと外に興味を持って動き、
もっと多くの感動をしていきます。

From:J∨∪熊本校1期生 牛島知之(熊本県立大学在学)
<<2017年10月>>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて